しらとり歯科が選ばれる理由

選ばれる理由
徹底した衛生管理

治療だけでなく衛生面
でも安心安全を!

*

今までの行った歯科医院で、
治療器具が汚れていたり道具が汚かったりで
『もうここには行きたくない』と思ったことのある方も
いるのではないでしょうか。

*

歯科治療では唾液や血液が器具に付着するため、たとえ見た目では汚れていなくても、使う器具の滅菌消毒は欠かせません。
器具の消毒・滅菌にはコストだけでなく手間がとてもかかります。
実際には消毒・滅菌は見えないところなので、手を抜いても患者さんにはあまり分かりません。
しかし、忙しいからと言ってこれを疎かにすることは絶対に許されません。院内感染の問題があるからです。
院内感染とは不充分な器具の消毒・滅菌が原因で、患者さんや医療従事者にHIVやウイルス性肝炎などの感染症を移してしまうという大変な問題です。
しかし、残念なことに日本の歯科医院の院内感染予防に対する意識はあまり高いとは言えません。
平成13年に行われた下記の調査結果によると、グローブ(治療用手袋)を患者ごとに交換するという回答は、たった7.4%しかありません。
また、歯を削る時のドリル(タービンなどの器具)も患者ごとに交換するという回答は16.7%でした。

グローブ(治療用手袋)の
交換状況
*
歯を削るときのドリル
(タービンヘッド、コントラアングル
ハンドピース)について
*

静岡県立大学短期大学部 特別研究報告書(平成 13・14 年度)
歯科臨床現場における感染予防対策についての実態調査

嶋 智美 ・ 藤原 愛子

ちょっと古いデータですので、今ではもっと多くの歯科医院で、患者さんごとのグローブやドリルの交換をしっかり行っていると思われますが、
100%ということではないのは明らかです。ちょっと怖いですよね。

ドリルを患者さんごとに交換せずに
使い回す医院が多いのには理由があります。

*

その手間がかかるのはもちろんですが、費用の問題が大きいのではないでしょうか。
治療ごとに滅菌するとなると、ドリルの本数が必要になってきます。
治療で座る椅子1台ごとに最低でも3本以上の数のドリルが必要です。となると、治療の椅子が3台の医院では12本のドリルが必要です。椅子1台で1本から新たに9本買い増さなければなりません。実は、ドリルは1本8~9万円前後するものが多く、これを9本買うとなるとかなりの負担になります。
そういった理由から、ドリルの使い回しがゼロにはならないのが現実です。
ちなみに、当院では歯を削るドリルは、27本揃えています。(2020年1月現在)

しらとり歯科・矯正歯科の
衛生管理

患者さんごとに徹底した感染対策で
安心安全の医療を提供

世界最高水準の滅菌器を導入

*

*

「世界でも最高水準、クラスBの高圧蒸気滅菌器
「LISA」でしっかり滅菌しています
多くの歯科医院ではクラスNの滅菌器を使用していますが、穴の開いたものや、筒状のもの、袋に入れたものはクラスNの滅菌器では完全に滅菌することができないので、クラスBの滅菌器が必要です。また、狂牛病の原因となる「プリオン」というウイルスもクラスBの滅菌器を使わなければ死滅させることができません。
それでも多くの歯科医院でクラスBの滅菌器を導入していないのは導入費用がかかるからです。クラスBはクラスNのおおよそ4〜5倍の価格となりますし、維持費もより多くかかるんです。

高圧蒸気滅菌器は性能の違いによって、
クラスN・クラスS・クラスBの3つのクラスに分類されます。

*

  • クラスN
    • 包装がされていない固形器具のみ滅菌が可能。
    • 複雑な構造をもった器具の滅菌を100%行えない。
    • 滅菌後はすぐに使用すること。(滅菌後の保管は不可)
    いまだに多くの歯科医院がこのタイプの滅菌器を使用
  • クラスS
    • クラスNに加えてメーカーの特定する器具にかぎり滅菌できる。
  • クラスB
    • 筒状のもの、穴の開いたものなど複雑な形のものでも完全な滅菌が可能。
    • 袋に入った状態での滅菌可能。(袋で保管が可能)
    いまだに多くの歯科医院がこのタイプの滅菌器を使用

世界最高水準だから
クラスBの高圧蒸気滅菌器にかければ大丈夫?

*

しかし、単にクラスBの高圧蒸気滅菌器にかければいいものではありません。
滅菌・消毒で一番大切なことは洗浄、つまり洗うことです。
当院では器具に合わせて、ウォッシャーディスインフェクター(歯科用自動洗浄器)、超音波洗浄器などを使って徹底的に洗浄しています。
全ての器具はしっかりと洗浄した後に、滅菌・消毒をしています。

厚生労働大臣が定めた
院内感染防止対策の施設基準に適合

しらとり歯科・矯正歯科は
以下の施設基準に適合し
厚生局の認定を
受けた
歯科医院です
  • *
  • *
  • 当該保険医療機関において、院内感染防止対策が行われていること。
  • 感染症対策等の院内感染防止対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が
    1名以上配置されていること。
  • 口腔内で使用する歯科医療機器等に対する、患者ごとの交換や専用の機器を用いた
    洗浄・滅菌処理を徹底する等の十分な感染症対策を講じていること。
  • 感染症患者に対する歯科診療に対応する体制を確保していること。
  • 院内感染防止対策に関する研修を定期的に受講していること。
  • 当該保険医療機関の見やすい場所に、当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。
  • 院内感染防止対策等の体制を地方厚生局長等に報告していること。

ここからは先は、
すべて当たり前のことですが…

*

  • *
    治療用手袋は交患者さんごとに交換しています

    1日に使用するゴム手袋はおよそ300枚以上!
    当院では1ヶ月で6千枚以上のゴム手袋が捨てられます。
    スタッフには患者さんごとに替えることはもちろん、手が汚れたらすぐに交換するように指導しています。
    大変なコストがかかりますが、清潔な手で治療することは医療機関として最も大切なことだと考えています。

  • *
    歯を削るドリルも患者さんごとに交換し、
    消毒・滅菌しています

    「キュイーン」と音のする歯を削るドリルのことを『タービン』と言います。
    治療で使用したタービンには患者さんの唾液だけでなく、時には血液が付着しているほどです。そこで、使用後タービンはすぐに清掃し滅菌器で滅菌後、清潔な状態にして保管しています。

  • *
    器具はオートクレーブで消毒・滅菌されています

    すべての器具は個別に滅菌・消毒し、使い回しは絶対にしません。患者さんごとに滅菌・消毒をしっかりと行っています。
    皆さんが治療でよく目にする、個別に滅菌パックに入れて、目の前でパックから取り出しますので、直前まで完全な滅菌状態を保つことができています。
    一時期、新聞などのメディアで器具の使い回しが話題となりました。当院では、報道以前より使い回しは行っていませんし、今後も安心できる環境を保ち続けます。

  • *
    できるだけ使い捨てのディスポーザブルに

    君津市にある歯医者「しらとり歯科・矯正歯科」では治療用手袋だけでなく、器具を載せるトレーや紙コップ、エプロンは使い捨ての製品を使用しています。

  • NEWS お知らせ一覧
  • BLOG ブログ一覧
  • 教えて白鳥先生
ページの先頭へ戻る