入れ歯治療

入れ歯だからって
あきらめなくていいんです。

  • 違和感があって入れてられない」 「入れ歯で食べると痛い」 「しゃべりにくい」
  • 「作ったけど使ってない」 「歯が無いまま放置していた」 「入れ歯だから外食がおっくう」
  • *
  • *

こんなお悩みはありませんか?

しらとり歯科・矯正歯科では
ひとりひとりのお悩み・
問題点を解決できる
完全オーダーメイドの精密な
入れ歯治療

行っています。

ピッタリとした入れ歯を入れてしっかり食べられるようになると、
ご家族やお友達とのお食事が楽しめるようになります。
今まであきらめていたものも食べられるようになると、
より元気で、より長生きできるようになります。
なぜなら、「食べることは生きることそのもの」だと私は思っています。
食べられなくなってしまうと、人は急速に弱っていってしまうからです。

院長 白鳥智也
Tomoya Shiratori

千葉県君津市にある歯医者「しらとり歯科・矯正歯科」では入れ歯を作る場合は
金属床の精密な入れ歯でないとしっかり食べられないと考えています。
(金属床の入れ歯は保険外診療になります。)
この「金属床の入れ歯」を基本として、
さらにひとりひとりのお口の中の状態に合わせて
いろいろとアレンジしてより良い入れ歯、精密な入れ歯となるようにしていきます。
逆の言い方をすると、残念ながら健康保険で作る「レジン床の入れ歯」は
オーダーメイドというにはほど遠く、
これではしっかりとした入れ歯はできないと考えています。

レジン床の入れ歯
(健康保険適用)の

問題点

  • 健康保険で決まった材料と作り方
  • 作る際にレジンが変形してピッタリしたものができない
  • ピンクのプラスチック部分に厚みがあり違和感で話にくい
  • 変形したり割れたりしやすいので長く使えない

金属床の入れ歯
(保険外診療)の

優れているところ

  • オーダーメイドで設計や見た目などアレンジできる
  • 型取りの方法と使う材料が違うのでピッタリ合う
  • 見えない内側の部分が金属で薄いので違和感が少ない
  • 割れたり壊れたりしにくいので長く使える

このような理由から当院では入れ歯を作る際は
「金属床の入れ歯」をお勧めしています。
当院ではピッタリの金属床の入れ歯を作るために
Ivoclar Vivadent社の「BPSシステム」を利用して
完全オーダーメイドで精密な金属床の入れ歯を製作しております。

(BPSシステムで製作する入れ歯は保険外診療となります)

Ivoclar Vivadent社の
「BPSシステム」とは

BPSシステム

Ivoclar Vivadent社は世界に29か国に拠点を置き、120か国以上に入れ歯関係の器械や材料を供給しています。また170名を超える研究者が、より優れた製品を生み出すため、有名大学や各国の先生方と協力し合いながら、研究・開発を続けている入れ歯関係では世界的に有名な会社です。
「BPSシステム」、は欧米で実績を持つ信頼性の高い入れ歯を作りのシステムで、今や世界の入れ歯製作のスタンダードとなりつつあります(米国の歯科大学・歯学部の半数以上がすでにBPSを教育カリキュラムに導入)。
しかし、特別な技術や機械が必要なため、日本ではまだごく少数の歯科医院でしか行っていないため、あまり知られていません。
SPECIALIST
当院の院長の白鳥は、
BPSクリニカルコースを
受講し認定試験に合格して、
BPSシステムで金属床入れ歯を
作ることができる
認定医を取得しております。

BPSシステムで製作する入れ歯はココが違う!
「5つの違い」

  • 型取り(印象採得)が違います!
    *

    保険の入れ歯の型取りは、アルジネート印象材という材料を使用し1回で型を取ります。
    それに比較し、BPSシステムの入れ歯では、シリコン印象材という非常に高価な材料を使用します。
    非常にフィットする材料なので、精密な型採りが可能になります。さらに、型採りの際に「うー」「いー」と言葉を発してもらいます。そのことで、あなたが発声をした時の舌、頬、唇など、口腔内の動きまで記録します。これにより、あなたのお口に合わせた、完全オーダーメイドの入れ歯製作が可能になるのです。当然、完成した入れ歯を口に入れるとピッタリと安定した状態で、しっかり噛めるようになります。

  • 顎の動きまで記録するので
    ピッタリ快適です!
    *

    下の顎は、横に動かしたり、前に動かしたりすることができますよね。ただ、保険のプラスチックの義歯だと、顎の動きまで考えて製作することはできません。
    BPSシステムで作る入れ歯では、ゴシックアーチといって顎の動きまで記録を取って入れ歯を設計します。
    そのため、食事をする時や、話をするときにも違和感が非常に少なくなるのです。

  • 製作には徹底的に手間を
    かけます!
    *

    保険の入れ歯の場合には、その日に既製品のトレーを使って型取りをしてすぐに製作に入ります。
    比較して、当院のBPSシステムで作る入れ歯の場合には、まずは歯型の模型を作製し、技工士と設計の打ち合わを行います。
    そのあと、入れ歯を作る型取り用のトレーからオーダーメイドで作製します。このトレーを使っていよいよ型取りです。しかも精密な型が取れるシリコン印象材を使用します。
    型取りだけでもこんなに違うんです。だから、入れ歯もピッタリするんです。

  • 完全オーダーメイドの設計をします!
    *

    保険を使わない入れ歯の場合には、保険の縛りがないために患者さんの口の中や希望にあわせて様々な選択肢から最適な製作方法を選べます。そのため、見た目重視なのか、違和感がない方が良いのか、食べやすさを重視するのか、それとも全てを求めるのか・・・などのご要望の違いに応え、あなたにピッタリとフィットする、完全オーダーメイドの入れ歯の製作が可能なのです。

  • 一流の歯科技工士が製作
    します!

    BPS認定歯科技工士・延澤孝公氏(NOBU D.Atelier代表)です。
    最も重要な仮合わせ(入れ歯の試着)を行う
    時などに立ち会ってもらうこともあります。
    徹底的にぴったりと
    フィットする入れ歯
    にこだわります。

    当院が製作を依頼している技工士は、BPS認定の歯科技工士で(認定がある歯科医師と、歯科技工士が一緒でなくては、BPS義歯は作れません)、かつ世界中の最先端の入れ歯製作について学んでいる、まさに入れ歯のエキスパートです。
    数多くの歯科技工士から、院長自身が信頼して任せられる方を厳選しました。必要に応じて、型採りなどに立ち会うこともあります。どうぞ、信頼してお任せ下さい。

しかし、BPSシステムで作る金属床の入れ歯にも限界があります。
以下に挙げるような方、いわゆる難症例では、
金属床の入れ歯だけでは対応が難しくなります。

  • *

    *
    残った歯が少ない、
    または1本もない方
  • *

    *
    奥歯がない方
  • *

    *
    歯があるのに噛み合って
    いない方(すれ違い咬合)

このような難症例では金属床の入れ歯に加えてアッタチメントの併用がお勧めです。

アタッチメントとは?

入れ歯がガタつかないように入れ歯をしっかり押さえるしくみ。
アタッチメントで安定させた入れ歯はほとんど動くことがなくしっかりと噛んで食べることができます。

(アタッチメントは保険外診療となります)

  • 天然歯アタッチメント

    ご自身の歯に取り付けます。

  • インプラントアタッチメント

    歯が無い場合はインプラントを入れ、そこにアタッチメントを取り付けます。

私が考える入れ歯製作の極意とは

*

『入れ歯を何度作っても合わない』というようなお悩みを持っている方は多いはずです。
一般的には入れ歯の作り方に問題があると思われています。
でも、私は入れ歯そのものだけでなく、実は残っている歯に問題があることが多いと思っています。
なぜなら、そのような方が実際に当院に来院したときに、ご自身の残っている歯の治療をしっかりとして、その後に入れ歯を作ることで、今までと違い入れ歯がしっかりしてくることを何度も見ています。

*

なぜなら、入れ歯を支えるのは残っている自分の歯がポイントになってくることが多いからです。
そういったことから私は『入れ歯を作りたい』と来院した方に対してもすぐに入れ歯を作り始めるのでなく、事前にお口中全体をしっかり検査して、残っている歯が入れ歯に合うように必要な治療を行うことをご提案しています。
入れ歯でお悩みの方、一人で悩まず『君津市の歯医者 しらとり歯科・矯正歯科』に一度ご相談下さい。

※入れ歯ひとりひとりのお口の中の状況によって結果が大きく変わります。
当院で行っている治療はすべての方に行えるわけではなく、
状態によってはご希望の方法で治療できない場合がございます。

  • NEWS お知らせ一覧
  • BLOG ブログ一覧
  • 教えて白鳥先生
ページの先頭へ戻る