審美歯科

憧れの白い歯で笑顔に自信を

もっと白い歯になりたい 黄ばんだ歯が恥ずかしい

だんだん歯の色が悪くなってきた 治療したところが黒ずんできた

皆さん何かしら、歯の色や見た目に関するお悩みを持っています。
でも、『痛くないし、まあいいや』となかば諦めていませんか?
口元の印象はその人自身の印象として残ります。

*

白い歯を手に入れて素敵な笑顔になりましょう。

あなたのお悩みは
どのタイプ
歯の見た目のお悩みベスト5
  • *
  • *
  • ところどころ汚れ(ステイン)が着いていて、歯磨きでは取れない
    *
    *

    汚れが取れれば、もともとのご自身の歯の色になります。
    歯科医院で歯石取りやクリーニングのお掃除を受けましょう。

  • 自分の歯の色が少し黄色いので真っ白な歯にしたい
    *
    *

    もともとの歯が黄色っぽい方はクリーニングだけでは白くなりません。
    ホワイトニングで真っ白な歯を手に入れられます。

  • やけに1本だけ歯の色が悪い
    *
    *

    神経を取った歯か、神経が死んでいる歯の可能性が高いです。
    セラミックの白い歯を入れるのがおすすめです。

  • 治療した白い詰め物が変色したり着色している
    *
    *

    白い詰め物はプラスチックの樹脂のため、どうしても数年で変色したり黄ばんできます。
    セラミックを使った治療は変色がなく長持ちします。

  • 前歯の差し歯(かぶせ物)の色が悪い
    *
    *

    治療した差し歯をやり直すしかありません。
    プラスチックの差し歯はまた変色します。セラミックの差し歯がおすすめです。

※これは考えられるケースの一例です。
ひとりひとりお口の中の状態も違いますし、お悩みも違います。

*
お口の中を診て
必要な検査を受けてからの
診断と治療が必要です。
気になることがあれば、
お気軽にご相談下さい。
  • NEWS お知らせ一覧
  • BLOG ブログ一覧
  • 教えて白鳥先生
ページの先頭へ戻る