君津市で歯科・成人矯正ならお任せ下さい!

君津市のしらとり歯科
  • 無料でメール相談
  • 0439-50-8767

歯を失う原因No1は歯周病です。成人の8割がなっている怖い歯周病から歯を守るには?!

歯周病チェックリスト!いくつ当てはまりますか?

歯磨きの時に歯ぐきから血が出る

ちょっと歯が長くなってきた気がする

口臭が気になる

歯ぐきがときどきはれる

歯がグラグラしてきた

前歯にすき間が空いてきた

 

上のいずれかに当てはまった方は、歯周病(歯槽膿漏)の可能性があります。

 

歯周病は、自分ではあまり自覚症状がなく、気が付かないうちに進行する意外と怖い病気です。

メニュー

しらとり歯科の歯周病治療への考え方

意外かもしれませんが、歯周病は、歯を失う原因のNo.1の病気です。(ちなみに2位はむし歯です)しかも、自分では気がつかないうちに徐々に進行してし、歯医者に行ったときにはもう歯を抜かなくてはいけない・・・そんな患者さんも多くいらっしゃいます。

 

歯周病治療はなんといっても早期の治療開始が大切です。

初期の歯周病は歯科医院で治療を受け、しっかりとブラッシングを行うことで治すことができます。

しかし、ある程度進行した歯周病は抜歯しないまでも、完全に治すということが難しくなってきます。すでに悪くしてしまった方に対しては、できるかぎり、正常に戻す歯周病治療を行い、より良い状態にした後にその安定した状態を保つ、ということを目標にしていきます。つまり治療後の定期的なメンテナンスの継続が大切になってきます。

 

すでに歯周病が進行してしまったとしても1本でも多く歯を残し、豊かな食生活を実現していただきたいと願っています。

歯周病ってどんな病気?

特徴1.歯ぐきの中にある『骨』が溶ける病気です。

歯は何で支えられているかご存知ですか?

 

多くの方は「歯ぐき」と思っていますが、実は歯槽骨(歯槽骨)という骨で支えられています。歯周病とは、歯周病菌によりこの歯が溶かされてしまう病気です。

 

骨が溶けることによって、徐々に歯ぐきが下がってきます。

そうなってくると、歯が伸びたように長く見えてきます。そして、最終的には歯が抜けてしまうのです。

 

残念ながら、一度溶けた歯槽骨はなかなか元には戻りません。ですので、悪くなる前に早めに対処することが大切です。

特徴2.自覚症状がなく進行します

歯周病の怖い特徴が、初期の段階では「自覚症状がない」という点です。

 

「歯がグラグラしてきたな」「歯磨きをしていると出血をする」というような自覚症状が出た時点で、歯周病は進行してしまっているのです。

 

自覚症状がないために気が付いていないだけで、実は日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

 

歯周病の進行が進む前に対処するためには、定期的に検診やメンテナンスに行うことが大切です。

特徴3.歯を失う原因No.1

歯を失う原因は、「むし歯」が中心と思われている方が多いのですが、実は歯周病の方が歯を失う原因となることが多いのです。

 

歯を失うと、入れ歯やブリッジなどの治療を行うこととなりますが、自分の歯と比べると、食事が美味しくなくなります。

 

また、少しでも快適な食生活を取り戻そうとインプラント治療を行おうとすると、数十万円もの費用がかかります。大切な歯を失って、時間も生活の豊かさも、お金も失うことになってしまうのです。

特徴4.口臭の原因になります

口臭は誰にでも存在しますが、治療を必要とするレベルの口臭は、9割方が歯周病が原因となっています。

 

歯周病になると、歯槽骨が溶けて歯ぐきが下がり、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」という深い溝ができてきます。

 

歯周ポケットの溝では口臭の原因となる物質ができやすくなってくるため、歯周病が口臭の原因ということなのです。ですので口臭治療というと、歯周病治療を行うことが多いのです。

歯周病(歯槽膿漏)、歯肉炎、歯周炎はどう違うの?

良く聞かれる質問ですが、どれも歯周病のことです。最近では、呼称はほとんど「歯周病」で統一されていますが、進行度の違いによって呼称を変える場合があります。

●歯肉炎とは・・・

歯肉炎は、歯肉の表面に軽度の炎症が起きている程度の初期段階です。歯磨きを強くしたときに出血する程度で、他に症状がない場合は歯肉炎の可能性が高くなります。

 

この段階で治療を開始して進行を食い止めれば、歯ぐきの下の歯槽骨が溶けるところまではいきません。

●歯周炎とは・・・

歯周炎は歯肉炎が進行した状態で、進行が歯肉を超えて歯槽骨まで及んでいる状態です。この状態になってしまうと歯槽骨が溶ける段階となるので、歯ぐきから膿が出てきたりグラグラしてきたりしてしまいます。時には歯ぐきがはれて、痛みを伴うこともあります。  

 

これがさらに進行すると、最後には歯が抜けてしまうのです。

歯ぐきの下の歯槽骨が溶けだしているかどうかはレントゲン検査で判断できます。

歯周病はどうやって治療するの?

歯周病が進行し歯周ポケットができると、ポケットの溝の中でプラークが溜りやすくなります。

プラークとは食べかすではなく、お口の中に生息する何十億もの細菌が集まって出来た「ベトッとしたもの」のことで、そこには歯周病の原因となる歯周病菌がたくさん含まれています。つまり、歯周病治療の基本はこの歯周病菌をできるだけ少なくすることが目標になります。具体的には、まずブラッシング(歯みがき)です。プラークはしっかりとブラッシングが出来れば取りこと可能なのです。オリジナルの磨き方よりも、歯科医院で正しい歯みがきを身につけてもらった方がしっかりプラークを取ることができると思います。

もう一つ歯周病治療に大切なのが歯石取りです。歯石は放っておくと、歯と歯ぐきに境目から歯周ポケットの溝の奥深くまで付いてきます。歯石の表面には多くのプラークが付着しているため、歯周病を治すためには歯石をとる必要があります。特に歯周ポケットの溝の中の歯石をしっかり取ることが重要になってきます。しらとり歯科では歯科医師の指導の下、歯科衛生士が歯石取りやブラッシング指導などの歯周病治療や予防処置を担当していきます。歯科衛生士は国家資格を持った歯周病の改善や予防のプロフェショナルなので、お気軽にご相談してください。

歯周病が全身疾患の原因となる可能性!

歯周病は歯周病菌を原因とする感染症です。歯周病も生活習慣病の一つと考えられ、タバコやストレス、生活の悪い習慣が歯周病を悪化させる原因と言われています。そして近年、細菌を原因とする歯周病が全身疾患に密接に関係していると言うことが分かってきました。

○糖尿病

糖尿病との関係は特に密接で、歯周病が悪化すると糖尿病も悪化し、糖尿病の状態が悪くなる歯周病も悪くなるというように相互に関係しあっています。

すなわち、糖尿病の状態が悪い方は、いくら歯周病の治療をしてもなかなか改善してこないのです。歯周病治療進めるには糖尿病治療との連携が欠かせません。

○心臓疾患・動脈硬化

歯周病菌が、口から体内に侵入して血管に作用し動脈硬化を引き起こします。また、それによって心臓疾患も引き起こすと言われています。

○肺炎

歯周病の細菌が肺に入り、肺炎を引き起こすケースがあると指摘されています。

 

歯を残すためというのはもちろんですが、全身の健康を守るためにも、早期の歯周病治療、そして予防が大切なのです。

検診のみの予約も可能です。初めての方はお気軽にご連絡ください。

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら