君津市で歯科・成人矯正ならお任せ下さい!

君津市のしらとり歯科
  • 無料でメール相談
  • 0439-50-8767

むし歯の治療

むし歯の基礎知識

むし歯は進み具合によってCO~C4の5段階に分けられます。それぞれの進行段階によって治療の方法も違ってきます。

一度治したところが、また再びむし歯になってしまうことを2次むし歯と言います。

 

2次むし歯はつめ物と歯との間に生じてくる目に見えない程度すき間から始まるのです。

「治した所はもうむし歯にならない」というわけでないので注意が必要です。

実はむし歯治療の半分以上が実はこの2次むし歯なのです。

 

虫歯の治療法

むし歯治療の基本はむし歯のところをしっかりと削り取ることになります。

 

C1・C2のむし歯の場合、むし歯をしっかり取った後、つめ物やかぶせ物をして治していきます。 一般的に前歯ではコンポジットレジンとよばれるプラスチック系の白いつめ物を入れることが多く、奥歯では歯型を取って銀歯を入れることが多いのですが、むし歯の状態や噛み合わせを見て、ひとりひとり治療法は違ってきます。

 

C3の場合むし歯を取ると同時に歯の神経部分を取り除く治療も必要になり、C1・C2の治療よりも期間がかかってきますので、途中で治療を中断したりせず治るまでしっかり通院してください。 歯の神経を取ったら、最終的には歯型を取って被せていくことがほとんどです。

 

C4の場合、残念ながら抜歯するしか治療方法がありません。歯を抜いた後、どうやって歯を補っていくか事前によく相談してから抜くようにしましょう。

 

いずれの場合も、しらとり歯科では麻酔をしっかりとしてできるだけ痛みのない治療を心掛けていますのでご安心ください。

 

むし歯はC1以上になってしまったら、先延ばしにせず。できるだけ早めに治療をしていくことが重要です。

特別診療(保険外診療)

しらとり歯科ではより良い治療を受けたいという方のために、健康保険内で行う従来のむし歯治療の他に保険適応外の、新しい考え方に基づいたむし歯治療をご用意しています。

『ドックスベストセメント』を使ったむし歯治療とは?

TBSテレビ 「これが世界のスーパードクター」で紹介された新しいむし歯の治療法です。

 

このTVでも紹介された夢のような治療法が、しらとり歯科でできるようになりました。

 

この治療法は3Mixと同じく、「むし歯菌に感染したところ(むし歯のところ)すべて削り取るのではなく殺菌していく」という考え方に基づいています。この『ドックスベストセメント』というつめ物はむし歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し、むし歯のところを殺菌し続けます。

 

また、含まれているカルシウムなどのミネラルが歯に栄養分を与えて、やわらかくなってしまったむし歯の部分を、硬くさせることも出来できるのです。 殺菌成分を出し続けるので、むし歯の再発も予防してくれます。

 

そんなにいい治療法なのにのに、どうして他の歯医者さんではあまり使わないのか? それには理由があります。

 

一つ目の理由は。新しい治療のため健康保険では認められておらず、保険外診療となり、通常の保険で行う治療よりも治療費がかかるため。

 

もう一つの理由として、適応の見極めやセメントのつめ方が難しく、特殊なトレーニングが必要なためと考えられます。

 

しらとり歯科の院長は日本でも多くのの症例数を誇る秋田県の『みちのく正宗デンタルクリニック』院長の正井佑典先生から教えを得て、さらに秋田のクリニックまで出向き、正井先生から直接指導を受けこの新しい技術を習得いたしました。

 

ドックスベストセメントも3Mix同様、すべての症例の適応できるわけではありませんので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

 

ドックスベストセメントはむし歯を殺菌して無菌化するという点では3Mix法と同じですが、ドックスベストセメントはセメントという、そもそも歯につめるものであるため、3Mixで使う薬剤とは違います。

 

大きな違いはドックスベストセメントは殺菌・無菌化が3Mixより長期間続くということです。しらとり歯科ではこの3Mixとドックスベストセメント治療は、従来の削り取る治療よりも患者さんにメリットがあると考え、ひとりひとりのむし歯の状態に応じて使っています。

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら