君津市で歯科・成人矯正ならお任せ下さい!

君津市のしらとり歯科
  • 無料でメール相談
  • 0439-50-8767


「銀歯は、絶対にイヤ!」

 

「ただ白いだけでなく、自然な色にしてほしい」

 

歯の印象は、顔全体の印象も大きく左右するため、男女を問わず「目立たなく、自然な色がいい!」という理由で白い歯(セラミック治療)を選ぶ方が増えています。

 

しらとり歯科でも、虫歯治療で見た目を重視してセラミック治療を受ける方、既に銀歯を入れているけれど治療し直す方、変色してしまった前歯のさし歯を治療しなおす方などが沢山いらっしゃいます。

 

セラミックは本当に美しく、歯先には透明感があり、まるで天然の歯のように自然に仕上がります。

 

ただ白いだけでなく、あなたの歯の色に合わせることが可能です。また、当院のセラミック治療は美しいだけでありません。あなたに合わせたオーダーメイドのセラミック治療をご紹介します。

しらとり歯科・セラミック治療の6つの特徴

1.圧倒的な美しさ。限りなく美しく、本物に近い審美性。

セラミック治療の素材自体が白く美しいため、自然でキレイな歯を実現できます。

 

当院では素材の美しさに頼るだけでなく、さらに天然の歯に近づけるためにこだわって治療を行っています。

 

歯の形や色、歯肉と歯の境目などは、一人一人に個性があります。その個性を踏まえて天然の歯に完全に近づけるための徹底したオーダーメイドの治療を行ない、プロが見ても人工歯だとは分からないレベルでの治療を行ないます。

 

前歯の場合、健康保険で作る差し歯では、いくつかの歯の色見本から近いものを選んで作りますので、あまり色合いが合いません。

 

セラミックの歯の場合には、歯の色や形を細部にまで分析し、製作する歯科技工士に指示を出し完全オーダーメイドで製作します。

 

難しい色合いや形態の歯の場合には、写真を撮って歯科技工士に詳しく伝え、時には技工士が立合って色を合わせますので、天然の歯と見分けがつかないほどの圧倒的な美しさを実現できるのです。

 

奥歯では、口を開ければ銀歯は目立ちます。それが原因で、思いっきり笑えないという方も沢山いらっしゃいます。しらとり歯科では前歯も奥歯も、自然な見た目を実現可能です。

2.白さも長持ち!何年経っても変色しません。
保険の前歯は、数年すると確実に変色します。

前歯だと、保険治療でもプラスチックの歯で白くすることができます。

 

最初は白いので「保険でいい」と思われる方もいらっしゃいます。

 

しかし、実は数年経つと「それ、差し歯だよね」と周囲のから見てハッキリと気づくくらい変色してしまいます。

 

セラミックは、変色することがありません。

保険治療の差し歯は材料がプラスチックなので、水分を吸収して色が変わってしまうのです(カレーを長時間入れたタッパーみたいなものです)。

 

セラミックは、変色もなく、汚れがつきにくい性質があるので、いつまでも白さが保てます。

 

3.虫歯になりにくい!精度の高い治療を行ないます。

実は、保険治療とセラミック治療では見た目以外にも決定的に違うことがあります。それは治療の精度です。もちろん、私たちは保険でもセラミックでも、治療の手を抜くことはありません。

 

 

しかし、健康保険では使う材料や、治療方法が決められていて、「もっといい治療をしたいのに…」とあきらめざるを得ないときがあります。

 

逆にセラミック治療では、私たちと患者さんにとってベストの治療ができます。

 

銀歯を外したら、虫歯になっているケースが数多くあります。

まず、型採りから違います。この型採りはとても大切です。なぜなら、しっかりとした型が取れないとぴったり合うものが作れないからです。

 

ぴったり合わない歯を入れると、数年経つと、合わないところから2次虫歯といって、再び虫歯になってしまい、また治療しなければならなくなります。

 

セラミック治療では、そういうことがないようにシリコン印象材という非常に高価な材料を使用して、精度の高い型を採ります。

4.院長が厳選した、熟練の技工士が製作します。

精密な型採りをしたら、当院が提携しているセラミック専門の歯科技工所にて、完全オーダーメイドで歯を作っていきます。

 

歯を作る技工所も、やはり保険治療とセラミック治療では違ってくるのです。

 

あまり知られていないことですが、歯科技工士さんの腕によっても治療の精度が変わってくるのです。

 

当院では、数ある技工士の中でも、院長が厳選した一流の技工士の方にセラミックの歯の製作をお願いしています。ですので、非常に精度の高い治療が可能になっているのです。

5.健康的な治療を!金属アレルギーの心配もありません。

詰め物・かぶせ物の種類を選ぶ際に、最も大切にした欲しいポイントが、実は「健康面」です。

 

こちらのページでも書いていますが、実は銀歯などの保険の歯は、口の中で溶けて、金属アレルギーの原因になることがあります。

 

保険のかぶせもの・詰め物は年月が経つと錆びて溶け出てしまいます。

金属アレルギーであることを気づいていない方も多いですし、今は大丈夫でも、花粉症によう気づいたらなっていたということもあります。

 

実際にしらとり歯科でも、金属アレルギーに苦しんでいる患者さんが来院され、セラミック治療を行うことで治癒したケースもあります。

 

欧米で銀歯が使われないのは、見た目の問題とこの金属アレルギーの問題があるからです。

6.丈夫で長持ちする治療を実現します。
健康保険のさし歯は時間が経つにつれて、変色と変形、破損が目立ってきます。

また、セラミック治療は丈夫で長持ちします。

 

単に白さが長持ちするのではありません。セラミックを入れた歯そのものが、保険の物を入れた歯よりも長持ちするのです。

 

銀歯などは、先ほど述べたように、どうしても2次虫歯になりやすいです。また、保険の前歯は数年経つと黄色く変色してきたり、欠けて中の金属が見えてきます。

 

5年、10年という長い目で見ると、明らかに違いが出てくるのです。もちろん、「悪くなったらまた治療すればいいや」という考え方もあります。

 

しかし、悪くなってから治療して、歯を削ることを繰り返すと、「もう治療が不可能」という段階が必ずやってきます。

 

ですから私たち歯科医師は、は自分たちの家族を治療するなら、セラミック治療をすることにしているのです。

セラミックの歯ってどんなものがあるの?

セラミックは陶材とも呼ばれ、俗に言う瀬戸物に近い素材です。変色がなく、本物の歯に近い・ツヤが表現できるという特徴があります。

 

しかし以前は少し割れやすかったため、セラミックの歯を作るときは薄い金属のフレームに焼き付けて作り、その欠点を補っていました。

 

これは「メタルセラミック」といわれるもので、何十年もの使用実績があります。

 

しかし最近では、金属アレルギーのことを考えて、全く金属を使わなくても丈夫なセラミック「e―max」という新しいセラミック材料ができました。この「e―max」は色合いもよく歯に入れるのに理想的な素材です。

 

さらに、ジルコニアという金属に相当するほどの強度を持ったセラミックも開発され、金属を全く使用せずにセラミックだけでかぶせ物やつめ物を作ることが最近では一般的になってきました。

 

各種セラミックを扱っておりますので、あなたのお口と歯の状態に合わせて最適な治療をご提案可能です。

しらとり歯科で扱っているセラミックの歯のメニュー

インレー(部分的なつめもの)

・ハイブリッドセラミックインレー 4万円  (税別)

セラミックとプラスチックのいいところを取り入れた材料です。

セラミックにくらべて変色しやすいのが欠点です。

 

・セラミックインレー 4万8,000円 (税別))

e-maxという硬くて丈夫なセラミックの歯です。

保険のつめ物 セラミックのつめ物
クラウン(さし歯・かぶせもの)

・プレミアムセラミッククラウン  13万 (税別)

ジルコニアという金属に相当するくらい硬いのセラミックを使用します。これを使ってフレームを作り、見えるところは通常のセラミックを使って歯を作っていきます。丈夫で最高に美しいセラミックの歯ができます。

 

・メタルセラミッククラウン  9万円 (税別)

見えないところには金属を使い、見えるところはその金属にセラミックを焼き付け      

ることによって、金属の丈夫さとセラミックの美しさを両立させたかぶせものです。

 

・オールセラミッククラウン   9万円 (税別)

e-maxという硬くて丈夫なセラミックで作ったかぶせものです。透明感がありきれいに仕上がります。前歯でも奥歯でも使用できますが、ブリッジは出来ません。

セラミックのさし歯 セラミックのかぶせもの

セラミック治療と保険治療の簡単な比較

  セラミック治療 保険の前歯
プラスチック
保険の奥歯(銀歯)
見た目 天然の歯に近い色合い
変色しない
変色しやすい
白くても不自然
銀色のため目立つ
耐久性 外れにくく、長持ちする
銀歯よりは割れやすいが 歯には負担がかからない
欠けやすい
摩耗しやすい
外れやすい
外れやすい
割れないが歯に負担
がかかることがある
健康面 金属アレルギーの心配がない
歯に負担がかからない
精度が高く虫歯になりにくい
細菌が繁殖しにくい
裏が金属なので金属アレルギーのリスクがある
精度が低くまた虫歯になるリスクが高い
金属アレルギーのリスクがある
精度が低くまた虫歯になるのリスクが高い
硬いので反対の歯が弱る

あなたに合った治療を選択可能です。

さて、ここまで読まれて、どう思われたでしょうか?

 

保険治療とセラミック治療の違いをわかっていただけたでしょうか?

 

違いは白さだけではありません。歯やお口だけでなく体全体の健康にも関わっているのです。

 

ただ、「私に合った治療はどれなの?」「期間や費用は?」など、分からないこと、不安なこともあると思います。

 

当院ではカウンセリングを実施して、ご相談に乗らせて頂いています。どんなことでも遠慮なくご質問ください。

 

また、カウンセリングを受けても無理にセラミック治療を進めることはありません。

 

費用面も含めて、あなたに合った治療を選択可能です。もちろん、保険を選ばれても問題ありません。ただ何も知らずに保険を選ばれると、あなたに適した治療を選ぶことができないと考えています。

 

十分に患者さんに説明を行って納得していただいた上で、治療を進めていきますのでご安心ください。

 

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら