君津市の歯科クリニック。成人矯正・精密入れ歯・痛くない治療

  • 無痛治療無痛治療
  • 審美治療審美治療
  • 精密入歯精密入歯
  • 成人矯正成人矯正

ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ

0439-50-8767

診療時間
受付 9:00~12:30 14:00~18:00
休診 木曜日・日曜・祝日

院長、むし歯になる

2015.07.05

皆さん、こんにちは。院長の白鳥智也です。
わたくしごとですが、先日、不覚にもむし歯を作ってしまい治療を受ける身となりました。
以前に患者さんから『先生はむし歯になったらどうするんですか?』
と聞かれたことがありました。
私の場合は幸いにも同僚の須藤先生がいますので、
安心して治療を受けることができます。
須藤先生の治療は痛みもなく30分ほどであっという間に終わりました。
歯科医師として毎日のように患者さんのむし歯の治療を行っていいますが、
今回、久しぶりに麻酔もされて歯を削られることとなり
患者さんの気持ちを改めて知ることができた気がします。
須藤先生によると私のむし歯の状況は意外と大きかったらしく、
歯型を取ってインレーという詰め物を入れることになりました。
保険の銀歯ではなく、もちろん保険適応外の『オールセラミックインレー』を入れます。
セラミックの方が、銀歯よりも治療後にしみたりせず違和感が出にくいのです。
また、2次むし歯の予防にも優れています。
しかし、むし歯の治療はあくまでも歯の修理にすぎません。
こらからむし歯にならないようにすることが本当の予防ということになります。
患者さんの中にもむし歯の治療を終え安心している方がいらっしゃいますが、
むし歯の治療が終わってもその患者さんが、
またむし歯になる可能性は変わらず残ったままです。
言い換えれば、私はその患者さんが今後、
むし歯になりにくいようにしたわけではなく、
ただむし歯を削って歯の修理をしただけです。
またむし歯にならないようにするには治療だけでは不十分です。
もちろん、歯石取りもむし歯予防にはあまりなりません。
ではどうすればむし歯を予防できるのか、
また書きます。

IMGP2259