*

あなたはどれに当てはまる?矯正治療が必要な不正咬合の種類とは

あなたはどれに当てはまる?矯正治療が必要な不正咬合の種類とは

  • 反対咬合
  • 叢生
  • 開口
  • 上顎前突
  • 過蓋咬合
反対咬合
受け口とも言われます。噛み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態です。

*

*

反対咬合の特徴と問題点
反対咬合の方は、見た目の面のお悩みをもっていることが多いのではないでしょうか。
また、前歯の咬み合わせが強い場合が多く、将来、前歯がダメになってしまうことがあります。
反対咬合の程度によっては外科的に下の顎の骨を切断しなければならないこともありますが、軽度の場合は矯正治療で十分に改善することができるケースも多いので、早めに一度ご相談されることをお勧めします。

*

叢生
歯並びがデコボコになっていることです。
歯の生えるスペースが不足しているため、前後左右と不規則にズレて生えてしまっています。
いわゆる『八重歯』もこの叢生の一つです。

*

*

叢生の特徴と問題点
叢生は、誰が見ても歯並びが悪いことが分かるのが特徴です。ところが、デコボコが多くても奥歯の咬み合わせが良い場合があるので、食べるのには特に問題ないことが多々あります。ですので、「見た目を我慢すれば、まあいいか」と思っている方も多いのではないかと思います。
しかし、デコボコがあるのは多くの場合が前歯で、そこの歯磨きがしにくい状況になっています。これは、将来むし歯や歯周病で前歯を失いやすい状況であるということでもあります。
前歯のデコボコは矯正治療で改善すると、本当にきれいになります。本来あるべきところに綺麗に歯を並べ、本来の美しさを取り戻して頂くことをお勧めします。

*

*
上下の歯が咬まずに開いている咬み合わせのことで、一般的には前歯に起こる場合がほとんどです。

*

*

*
開咬はそれほど問題がないと思われがちですが、咬み合わせの影響で、食事をする時には顎に大きな負担がかかっていますそのため、顎関節症になりやすいのが特徴のひとつです。
また、前歯がどうやっても咬めないので、しっかり咬んでいる人に比べて、食事の時に知らず知らずのうちに苦労をしています。さらに、舌の癖があることが多く、その場合は発音も不鮮明になりやすいです。

開咬の特徴と問題点

上顎前突
いわゆる『出っ歯』と呼ばれるものです。
横から見た時、上の前歯が下の前歯に比べて極端に前に出ている状態をいいます。

*

*

上顎前突の特徴と問題点
上顎前突でお悩みの方は非常に多いのではないでしょうか。なぜかというと、外見上とても目立ってしまうからです。上顎前突の方の横顔は、口元が鳥くちばしのように前に出ているのが特徴で、口が閉じにくく、油断すると口が空いてしまっていることが多いのです。また、上顎前突の方は顎関節症になりやすい傾向にあります。
上顎前突の方が矯正治療で出っ歯を治すと、見た目が見違えるように変わります。横顔での口元が引っ込むので顔全体の印象がガラッと変わるのです。多くの方が、見た目のコンプレックスがなくなり、自分に自信が持てるようになったとおっしゃいます。また、見た目以外にも、前歯でしっかり噛めるようになるというメリットもあります。

*

過蓋咬合
咬み合わせた時に、下の前歯が見えない位、前歯の咬み合わせが深い状態です。

*

*

過蓋咬合の特徴と問題点
見た目はそれほど気にならないし、今のところ特に困ったことがないと思われますが、50~60代の年齢になってくると、急速に問題が起こってくるのがこの過蓋咬合です。
実は過蓋咬合が最も歯を失いやすく、歯を失った後の入れ歯にも問題が起きやすいといえます。また、顎関節症や肩こり、朝起きたときの顎のだるさの原因となっている場合が多いのも特徴です。

*

矯正治療を行う理由とは?
毎日、たくさんの方のお口の中を診ている
歯科医師の立場から、歯並びが人生に与える影響とは…
  • もう大人だし、矯正なんて遅いんじゃないの?
  • 興味はあるけど、本当に必要なのかな…
  • 歯並びは気になるけど、それだけにお金を払うのは迷う…

このように、大人になってからの矯正に躊躇される方や、
『矯正治療=見た目を改善するための治療』『矯正治療=子供の治療』という認識を持たれている方が多いようです。実は、矯正治療は見た目を改善するだけの治療ではありませんし、子供だけの治療でもありません。
「今からでも歯並びは治した方がいいですか?」とよく質問をいただきますが、私は歯科医師の立場として「はい、できればやったほうがいいですよ。」と明確にお答えします(もちろん、必要な場合だけですが)。

*

矯正を受けることを考えた最初のきっかけは、
ほとんどの方が審美的な問題(見た目)が治療の理由となっています。
もちろん、見た目の美しさは重要です。
しかし、実は見た目以外の理由からも、
私は矯正治療をおすすめしています。

*

矯正治療をおすすめする理由

01

悪い歯並びが原因で
歯を失っていく

*

私は普段、矯正治療だけでなく一般治療も行っていますが、抜歯で歯を失っていく方は、歯並びや咬み合わせに何らかの問題を抱えている場合が多いのです。
「もし矯正治療を行っていたら、歯を失わずに済んだのではないか!」と思うことが多くあります。
歯並びが悪いということは、咬み合わせバランスが悪いということです。
咬み合わせバランスが悪いと特定の歯に負荷がかかり、どんどんその歯が弱っていきます。そして最後には抜けてしまうのです(咬み合わせると自分の体重ほどの負担が歯にかかりダメージが蓄積されていきます)
そして、1本抜けるとさらに他の歯に負担がかかるので、少しずつ、口腔内全体が崩壊していきます。
将来どれだけ自分の歯を残せるかどうかは、今の歯並びや咬みあわせと密接に関係しているのです。
ある論文で、『80歳で20本以上歯が残っている人は、ほとんど噛み合わせに問題のない方だった』という報告もあります。つまり、歯並びが悪いと、将来歯が無くなっていく(抜歯になっていく)可能性が高いということです。

*

矯正治療をおすすめする理由

02

矯正治療は、
虫歯や歯周病の
予防
になる

*

矯正治療による歯並びの改善は、虫歯や歯周病に対する予防的な治療という側面があります。
歯並びが悪いと、どうしても歯磨きが難しくなるため、汚れが溜まりやすくなってしまいます。
フロスや歯間ブラシを使用しても、歯並びが悪いと汚れが残りやすくなってしまします(しかも、ほとんどの方が歯ブラシだけで、フロスや歯間ブラシは使用してないのではないでしょうか)。
一生懸命お手入れをしたとしても、知らず知らずのうちに汚れがたまって、気が付いたら虫歯ができ、歯周病も進行していた…ということが多いのです。

*

矯正治療をおすすめする理由

03

悪い咬み合わせは
肩こりや
腰痛の原因
にも

*

これは、人によって様々ですが、咬み合わせの不正によって、頭痛や首の痛み、肩こり、腰痛になってしまっている方もいらっしゃいます。
力の負荷のバランスが悪いことにより、全身がゆがんできてしまうことに原因があると言われています。
矯正治療を行った結果、思いがけなく「肩こりが解消された!」「腰痛がなくなった!」という方もいらっしゃいます。
もちろん、歯科医師として肩こりや腰痛の解消を目的として矯正治療をお勧めすることはないですが、そのような体験をされている方も沢山いらっしゃるのです。

人生を豊かにしてくれる矯正治療

人生を豊かにしてくれる矯正治療

矯正治療は、歯を守るため、見た目を改善するためにも素晴らしい治療です。
しかも、それだけでなく、心の健康面でも良い影響が多くの方に現れます。
歯並びに対するコンプレックスから、どうしても笑顔が少なくなってしまい、そして表情が暗くなるので、心も暗くなる…という悪循環に陥っている方が沢山いらっしゃいます。
また、どうしても自分に自信が持てずに、人間関係や恋愛、仕事にも積極的になれないという方もいらっしゃいました。
そんな方が矯正治療によって、自分でも見たことがないほどの素敵な笑顔で、笑うことができるようになります。
そして、心も少しずつ前向きになり、行動も積極的になることで「矯正治療で人生が変わりました!」と感動的な感想をいただくこともあります。

これまで書いたように、矯正治療は、ただ見た目を改善するだけでなく、将来の歯の健康を守るための治療でもあり、人生を豊かにしてくれるものでもあります。
しらとり歯科・矯正歯科では、10代~60代までの患者様が矯正治療を受けられています。
もし歯並びでお悩みの方は、どうぞお気軽に初診相談でご相談下さい。

  • *
  • *
  • *
  • *
ページの先頭へ戻る