君津市で歯科・成人矯正ならお任せ下さい!

君津市のしらとり歯科
  • 無料でメール相談
  • 0439-50-8767

あなたの歯並びのタイプはどれ?不正咬合のタイプ別の特徴・リスクについて

①反対咬合(受け口・反対咬合)

反対咬合とは、咬み合わせた時に下の前歯が上の前歯よりも、前に出ていることを言います。いわゆる、顔が『しゃくれている』と表現されることが多い歯並びです。

 

見た目でコンプレックスにつながり、心に深い悩みをお持ちのことが多いのが特徴です。

 

また、前歯の咬み合わせが強い場合が多く、前歯を早期に失うケースが非常に多いのです。反対咬合はまだ我慢できても、前歯がない状態は我慢できませんよね。

 

反対咬合の程度によっては外科的に下の顎の骨を切断しなければならないこともありますが、軽度の場合は矯正治療で十分に改善することができるケースも多いので、早め一度ご相談されることをお勧めします。

②叢生(そうせい)

歯並びがデコボコなっていること歯並びです。

 

歯の生えるスペースが不足しているため、前後左右、不規則にズレて歯が生えてしまった歯並びです。いわゆる『八重歯』もこの叢生の一つです。

 

このタイプの不正咬合は、誰が見ても一目で歯並びが悪いことが分かります。ところが、デコボコが多くても奥歯の咬み合わせが良い場合があるので、食べるのには特に問題ないことが多々あります。

 

ですので、「見た目を我慢すれば、まあいいか」と思っている方も多いのではないかと思います。

 

しかし、多くの場合デコボコが前歯にあるので、前歯が歯磨きしにくい状況になっています。これは、将来むし歯や歯周病で前歯を失いやすい状況であるということでもあります。

 

歯のデコボコは矯正治療で改善すると、見た目が本当にきれいになりますし、歯も磨きやすくなります。本来あるべきところに歯を並べ、本来の美しさを取り戻して頂くことをお勧めします。

③開咬(かいこう)

上下の歯が咬まずに開いている咬み合わせのことで、一般的には前歯に起こる場合がほとんどです。

 

開咬はそれほど問題がないと思われがちですが、実は不正咬合の中でも最も、大きな負担が顎にかかり、そのため、顎関節症になりやすくなってしまいます。

 

また、前歯がどうやっても咬めないので、咬んでいる人に比べて食事のときに苦労をしています。多くの場合、子供の頃から舌を前に出す癖、発音にも障害があります。

 

本来は子供の時に治療を行うほうが好ましいといえますが、大人の場合でも治療により改善することで、日常背活で大きなメリットがあります。

④上顎前突(じょうがくぜんとつ):出っ歯

いわゆる『出っ歯』と呼ばれるものです。

 

横から見た時、上の前歯が下の前歯に比べて極端に前に出ている状態をいいます。

 

口が閉じにくく、笑うと上の歯ぐきまで見えることが多いため、外見上とても目立つ不正咬合です。

 

そのため、心理的な問題やコンプレックスをお持ち方も非常に多いの症例です。出っ歯を隠すため、無意識のうちに唇で歯を隠すようにお話する方が多いのですが、実際はそれでも上顎前突なのは分かります。

 

なぜなら、口を無理に閉じても口元が出ているからです。上顎前突の方が矯正治療で出っ歯を治すと、見た目が見違えるように変わります。口元が変われば顔全体の印象がガラッと変わるのです。

 

それにより、多くの方が、見た目のコンプレックスがなくなり、自分に自信が持てるようになったとおっしゃいます。また、見た目以外にも、前歯でしっかり噛めるようになるというメリットもあるのです。

⑤過蓋咬合(かがいこうごう)

咬み合わせた時に、下の前歯が見えない位、前歯の咬み合わせが深い状態を言います。

 

あごの関節に非常にストレスがかかり、顎関節症の原因になる事が多いのも過蓋咬合の特徴です。

 

見た目はそれほど気にならないし、今のところ特に困ったことがないと思われますが、50~60代の年齢になってくると、急速に問題が起こってくるのがこの過蓋咬合です。

 

結果的に前歯を歯を失いやすく、歯を失った場合に最も修復が困難な症例なのです。入れ歯が合わないなどの問題が起こりがちです。さらに、顎関節症以外にも肩こりや朝起きたときの顎のだるさの原因のにもなります。

無料矯正相談へのお申し込みはこちら

メニュー

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら