君津市で歯科・成人矯正ならお任せ下さい!

君津市のしらとり歯科
  • 無料でメール相談
  • 0439-50-8767

より安全な治療、正確な診断が可能に!最新の歯科用CTレントゲンを導入しています

安全な治療に欠かせないCTレントゲン

しらとり歯科では歯科専用のCTレントゲン「ORTHOPHOS XG 3D」を導入しております。

 

歯科用CTは、医科用に比べて被曝量が少ないのが特徴です。また、歯牙や顎骨を撮影することに特化し、非常に精密な画像の撮影が可能です。

 

従来のレントゲン画像は2次元(平面)であったため、画像が重なっている場合や骨の厚みがとてもある場合など、正確に顎骨の中の状態を把握することが困難で、診断に歯科医師の経験が左右されていました。

 

しかし、歯科用CTレントゲンの導入により、従来の平面のレントゲン画像に比べ、より多くの情報を得ることができるようになり、診断の精度も高くなりました。

 

歯科用CTはインプラントなどの外科治療での使用にとどまらず、今後の歯科診療において、治療の安全性と確実性を向上させるために不可欠なものとなってきています。

正確な診断が、安全で確実な治療に繋がります

今まで見ることができない部分が立体的に、かつ詳細に確認できるので、正確な診断、緻密な治療計画の立案、安全で質の高い治療が可能です。

 

特に、インプラント治療において今やCT分析は必須です。顎骨の状態、神経、血管の走行など従来のレントゲンでは見ることのできない情報が安全性において特に重要です。

 

しらとり歯科では、安全にインプラント治療を行うためにはCTレントゲンの導入が必要不可欠と考え、導入後よりインプラント治療を開始いたしました。

 

また、インプラント治療以外にも矯正治療・難抜歯・歯周病治療の際など、必要に応じて撮影を行い、安全性の高い治療を提供しています。

 

CTレントゲン(三次元)
従来のレントゲン画像(二次元)

さらに分かりやすい説明が可能に!

歯科治療の説明というのは、患者さんにとって分かりにくいものですが、ご自身の顎の状態を3D画像でご覧いただき、イメージもしやすいので『分かりやすい、安心する』という声を多数頂いています。

インプラント治療の失敗は、多くが診断ミス

近年、メディアなどでインプラント事故についての報道や患者さんからの心配の声を聞く事があります。

 

インプラントの失敗例の多くが診断ミスによるものです。

 

顎の骨が足りないところに気づかずに埋入してしまったり、2次元のレントゲン画像だけで診断をし、オペの段階で想定外の状態と分かりそれに対応できなかった、などという理由です。

 

CTレントゲンによる撮影と分析をきちんと行えば、失敗のリスクを激減することができます。オペの際も事前に顎の骨の状態を精密に把握できているので、術者も患者様も双方が安心して治療を行うことができ、手術の安全性を高めることができます。

矯正治療の診断用レントゲン「セファロ」も撮影可能

矯正治療の診断に欠かせない、セファロ撮影も可能です。大学病院などに撮影にいかなくても、当院の中で全て完結ができるので、患者様の負担も軽減します。

親知らずの抜歯にも有効です

顎の骨の深い部分に埋まった状態の親知らずは、傾いた状態や横を向いた状態のものが多く、血管や神経が近接しており、本来抜歯が非常に難しい治療でした。

 

しかし、CTレントゲンにより3Dの画像で事前に分析、診断することで安全かつ正確な治療を行うことが出来ます。

 

そのため、難抜歯であっても短時間で治療を行えるようになり、患者様の負担も軽減されました。

根の治療にも有効です

歯の根の治療は、病巣ができてしまっている場合など、状態により治療が長期に渡ってしまうことがあります。

 

歯医者にずっと通っているのに、全然治らないという悩みも聞かれることがあります。

 

今まで治療が長引いてしまっていた方でも、通常のレントゲンだけで無くCTレントゲンで歯の内部を立体的に診ることにより、根の状態がよく分かるようになり、治療の成功率の向上、治療の短縮化になります。

当院のCTは被曝量も少なく安心です!

当院で導入しているCTレントゲンは、歯科専用CTの中でも特に被爆量が少なく、日常生活で自然に浴びる放射線量とほとんど変わりません。科学的にも身体に害がないレベルとなっています。

 

ですので、レントゲン撮影による被曝量に不安に感じている方もご安心下さい。

  • ご予約のお電話はこちら
  • お問い合わせフォームはこちら